FAQ – 電圧


質問

⬜️100Vと200Vの違い

電気窯の電圧

回答

  • 100Vの電気窯は存在しますが、とても非力です。
  • 理由は日本の家屋の100Vは15Aが最大という現実です。
  • 世界的に見てこの非力さは情けないものがあります。
  • 100Vの窯は熱を溜めて焼成するため時間がかかり、炉壁材の劣化でさらに遅くなる場合がございます。
  • エルエルキルンでは、100V窯には2プラグを設け、20Aオーバーの出力で余裕で焼成できます。
  • また、200Vは工事費が高いとお考えの方が多いですが、基本的に配電盤の三本の線の配列を変えて、相応の配線を配置するだけの簡単な工事です。
  • できれば容量もある200V窯をお勧めいたします。
  • また、日本向けの電流値はアメリカの窯の電流値よりも高めの設定をしています。
  • 200V環境での電圧降下リスクを軽減するため標準でパワーアップ電熱線を採用しています。

100V電気窯は下記に掲載しています

小型電気窯ドールテスト窯の蓋オープン小型電気窯 Doll/Test(ドール/テスト – 100V電気窯)

質問

⬜️電圧は何ボルトですか?

回答

  • 100Vと200Vの窯をご用意しております。
  • アメリカの電圧ではなく、日本国内向けの電圧に再設計されていますので、日本での使用に何ら問題ありません。
  • 特注で他の電圧に変更可能です。
  • 小型の窯は100Vでその他は200Vです。
  • また、200Vは単相と3相から選択できます。
  • 日頃なじみのない200Vと聞いただけで、あきらめないでください。
  • 単相の200Vは、すでに多くのご家庭に配電盤まで配線されています。
  • あとは、ブレーカーを追加(場合によっては配電盤も交換)をし、キルン設置の付近までケーブルを配線する だけです。

質問

⬜️200Vは必要?

回答

  • やはり、炉内容量が多くなると必要です。
  • 理由はある程度の容量のキルン(窯)の温度を1300℃近くまで上げるためには、現在の日本の100Vコンセントの消費電力100V×15A=1.5KWはかなり少なくあきらかに不足です。
  • 電流を上げれば電力値は上がりますが、100Vと200Vとでは基本的に力が違います。
  • たとえば、ある温度に昇温させるためには、100Vよりも200Vのほうが無理なく自然に早く目的の温度に達することが可能です。
  • 電圧はよく水圧にたとえられます。
  • 高所からの水は力が強く水量も簡単に確保できますが、低所からだと水圧が低く水量確保に時間が必要です。
  • このことは、200Vが100Vに比して、力が強く、無理をせず、余裕をもって目的の温度に早く達するということがご理解頂けることと思います。
  • ということで、ある程度の大きさの作品を創るためには200Vは必要だと考えます。

質問

⬜️200V変更の電気工事費用は?

回答

  • 費用は一般的に一戸建てで5万円以下、近年築造のマンションなら10万円以下です。
  • 九州も関東もさほど変わりません。
  • 詳しくは、ご近所の電力会社指定の電気工事店様にご相談ください。
  • ご近所の電気工事組合からご紹介いただく方法もございます。
  • 業者様によって価格はさまざまですので、数社からの見積もりをお勧めいたします。
  • ブレーカーから特注の延長ケーブルでベランダ迄配線する事も可能です。

お買物情報

支払いについて
お支払いは下記の方法となっています。

発送について
  • 電気窯の発送は一週間から10日程度での発送となります。
  • 部品などは当日出荷を心がけています。
  • 特注品は別途個別にご連絡させていただきます。
返品・交換について
  • 電気窯の返品交換は一週間以内に未使用の場合に限り可能です。(返品送料と保険はお客様でご負担ください)
  • 部品などは未使用品に限り二週間以内にご返送ください。(返品送料と保険はお客様でご負担ください)
  • 場合によっては返品できない場合がございます。
  • ご不安な場合は事前にメールでのご確認をお願いいたします。お問い合わせフォーム
お問合せ
  • メールから : 年中無休、24時間受付中です。
  • お電話から : 0944-52-4477  (9:00〜18:00)
  • お問合せフォームから : お問い合わせフォーム
プライバシー保護
  • 電気窯の専門店『 エルエルキルン 』は、全てのお客様の大切な個人情報を責任を持って厳重に管理いたします。
  • プライバシーポリシー詳細
運営会社
  • Lara.(ラーラ)
  • Mail : TOM@hotkilns.jp (TOMを小文字にしてください)
  • 住所 : 福岡県大牟田市草木1248-36
  • 電話 : 0944-52-4477
  • FAX : 094432-3120

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)