FAQ – 米国製電気窯と国産電気窯の違い

電気窯の米国製と日本製の違い

質問

⬜️アメリカ製電気窯と国産の電気窯の違いはどこにありますか?

回答

  • 国産が安心な気がするが米国製の電気窯の設置のしやすさ、多機能も気になる。
  • いったい、どのように選択したらいいのだろう?

このような疑問を抱かれる方は多いと思います。

下記にその比較をエルエルキルンをもとにしてみました。他社米国製電気窯とは異なる場合があります。

米国製日本製
コントローラー(温度制御機)タッチスクリーンボタン式が主流
コーン焼成(熱量焼成)あり機能なし
人力設置分割して設置可能小型以外は不可能なので要別途設置費
ベントによる焼成ガス排気あり機能なし
熱電対補正あり機能なし
コーン番号補正あり機能なし
最高温度1,315℃1,300℃以下が主流
マルチゾーン温度管理機能Max 3ゾーン可能(純正)機能なし
電熱線の溝セラミック製レンガのため熱効率が低い
電熱線固定方法溝に置くだけピンを使用しレンガの劣化大
熱電対セラミックチューブ被覆被覆保護なし
保証3年1年が多い
取扱説明書厚い(約80ページ)薄い
焼成データのダウンロード可能機能なし
マイコンのアップデートWiFiで可能機能なし
焼成ステップ328(一般的に)
プログラムメモリー数308(一般的に)
マイコンのグラフ表示可能少ない
エラーコード表示有りなし
ベント自動制御可能機能なし
PC焼成管理可能機能なし
自動焼成コース数20810(一般的に)
お客様での修理可能困難

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)