FAQ – 温度

質問

⬜️温度は何度まで上昇しますか?

電気窯の温度計

回答

  • 窯の炉内最高温度は 1,300℃です。米国用とは異なった二重炉壁構造となっており、米国仕様よりも高い温度設定が可能です。
  • アメリカでは焼成温度が低いということを動画サイトで述べているのを見ますが、結晶釉では1,315度の電気窯も使用されています。実情を知らずに安易に他者の意見を根拠に述べる業者様がおいでですので、注意が必要です。
  • また、コーンの熱量における最高温度表示と勘違いされている場合もあります。
  • 日本では熱量を直接考慮しないためにこのような誤解が生まれます。
  • JH電気窯は結晶釉専用に開発され、レンガのグレード等が異なり1,315℃まで昇温可能です。
  • 一般的な米国製窯はコーン焼成プログラムで1,290℃/コーン10です。
  • エルエルキルンの電気窯はバリィーファイヤープログラムで1,300℃まで上昇とねらしが可能です。
  • JHキルン以外の窯でも1,315℃までの昇温も可能であることを実験により確認していますが、エレメントと、炉壁の耐久性が低下しますのでK25レンガ、クワッドエレメント等への変更が必要になります。
  • 結晶釉の焼成にはJH結晶釉用キルンをお勧めいたします。
  • この場合1,315℃まで力強い昇温と安定した温度上昇、ネラシが可能になります。そして、電熱線の耐久性は2.5倍以上となるでしょう。

質問

⬜️炉壁は熱くなりますか?

回答

  • 炉壁は熱くなりますので、手で触らない様にしてください。
  • ただ、炉壁から5mm程度に手をかざしても、熱くありません。あくまでも触れると熱いということです。
  • 色味栓のプラグを抜くときは耐熱グローブのご使用をお願いいたします。
  • コントローラーボックスは熱く有りませんので、素手での操作には問題有りません。
  • 工房は換気扇を設けて外気を導入して窓から廃棄していただくと、室温も外気温並みとなります。

お買物情報

支払いについて
お支払いは下記の方法となっています。

発送について
  • 電気窯の発送は一週間から10日程度での発送となります。
  • 部品などは当日出荷を心がけています。
  • 特注品は別途個別にご連絡させていただきます。
返品・交換について
  • 電気窯の返品交換は一週間以内に未使用の場合に限り可能です。(返品送料と保険はお客様でご負担ください)
  • 部品などは未使用品に限り二週間以内にご返送ください。(返品送料と保険はお客様でご負担ください)
  • 場合によっては返品できない場合がございます。
  • ご不安な場合は事前にメールでのご確認をお願いいたします。お問い合わせフォーム
お問合せ
  • メールから : 年中無休、24時間受付中です。
  • お電話から : 0944-52-4477  (9:00〜18:00)
  • お問合せフォームから : お問い合わせフォーム
プライバシー保護
  • 電気窯の専門店『 エルエルキルン 』は、全てのお客様の大切な個人情報を責任を持って厳重に管理いたします。
  • プライバシーポリシー詳細
運営会社
  • Lara.(ラーラ)
  • Mail : TOM@hotkilns.jp (TOMを小文字にしてください)
  • 住所 : 福岡県大牟田市草木1248-36
  • 電話 : 0944-52-4477
  • FAX : 094432-3120

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)