DOLL / TEST

ドール / テスト

人形、小物を焼いたり、試験的に焼成したりする時に便利です。

ドール/テスト キルン

写真はダイナトロル装着タイプDLH11-DX(酸化、還元仕様)です。
ワンタッチコントローラー搭載機DLH11-Bも特注可能です。

■実際の形態は還元用のガスバーナー用ホールが内蔵され、

底板は二重になっています。

ドール/テストの特徴

1290°c/コーン10 

最高温度 1300°c

高耐久性とメンテナンス性はイージーファイヤーキルンの基本性能を踏襲しています。
100Vでコーン10・1290度を達成しています。

■ドール/テストキルン - 100V、200Vの電圧から選択して頂けます。
■人形、小物を焼いたり試験的に焼成したるするときに便利です。
■ラボ、研究所にも最適です。ボービーの方にもお勧めいたします。
■全ての部品がお客さまで交換できるように設計されています。弊社に送っての修理はまず必要ありません。
■リレー、センサー、エレメント、トランス、煉瓦も1個から交換可能ですので末永くご使用いただけ大変経済的です。
■コントローラーは2つのタイプからお選びいただけます。
■100V窯は2コードタイプとなっています。2つの100Vコンセントから21.8Aの電気を供給しますので一般的な100V、15Aの窯よりも昇温速度は速く、特に高温域、コーン10での安定したパワーを発揮します。
■最高温度1300度。酸化、還元仕様。イージーファイヤーと同等の特許技術を取得しています。

- 3年 保証 -

テクノロジー

ダイナグロウエレメントホルダー
arrow

ダイナグロウエレメントホルダー

特許取得製品
close
詳細:
■他のメーカーから常に脅威と羨望をもって見られているのがこのダイナグロウセラミックホルダーです。特許のため他社はコピーできません。

詳しくはこちらをご覧ください
エレメント固定ピン未使用
arrow

エレメント固定ピン未使用

簡単エレメント交換
close
詳細:
■エレメントの溝は薄く特に欠けやすい部分です。特にエレメントの交換時は欠けやすい時です。
■しかし、L&Lキルンには固定ピンが無いので、レンガの破損がありません。エレメントは引き出すだけです。固定ピンが無いため、エレメントの膨張、収縮に影響を与えず長持ちします。
■内外問わず、殆どのメーカーはピンを使用していますが、L&Lキルンにはピンが無いので、素早くエレメントの交換が可能です。
■よって、エレメントの交換は分単位で可能です。時間単位ではありません。レンガの欠けを心配することもありません。
高密度発泡レンガ
arrow

高密度発泡レンガ

レンガは白色です。
close
詳細:
■特許を取得している、特殊溶液に浸した高密度発泡レンガです。
■この世で最も熱伝導率が低い空気をレンガ内に混入させ、炉内に熱を効率よく蓄える、高密度発泡レンガを特殊溶液に浸して製造しています。
■レンガには浸透性セラミックコーティングを施してあります。これにより、粉が発生し、作品に影響が出やすい表面をコーティングし硬くすることができ、窯の中をクリーン保てます。L&L Kilns だけの技術です。
■グレー色のモルタルをコーティングした窯を良く見かけますが、レンガとの膨張率の違いで経年変化により剥離します。L&L Kilnsのレンガの色は白っぽい色をしていますのですぐに違いがわかります。
■赤外線の反射効率も向上しムラの無い焼成に寄与しています。
■また、レンガは一個からでも、お客様にて交換可能な設計になっていますので、弊社に依頼する必要が無く、経済的で永くご使用可能です。
arrow

回路ボックスは簡単に開きます

高いメンテナンス性
回路ボックスは簡単に開きます
close
詳細:

イージーファイヤー

ドアのように簡単に開閉します

■コントロールパネルは簡単に開き、電流、電圧、抵抗などを簡単に測定でき、部品交換も素早くできるようになっています。
■電源ボックスは、二本のボルトを取るとドアのように簡単に開き、部品の交換が可能です。番号とカラーの配線で配線間違いが皆無です。部品交換はご自分で可能です。
■また、炉壁からコントローラー部が隔離されており、熱の影響を受けない二重構造になっています。炉壁は250℃程度まで上昇します。
■米国製コンピューターの耐熱温度は50℃ですが、二重構造ではない、厚みの無いボックスに収めた場合、コンピューターが熱の影響を著しく受けやすく劣化が早くなります。

ジュピター


ドアのように簡単に開閉します

■コントロールパネルは簡単に開き、電流、電圧、抵抗などを簡単に測定でき、部品交換も素早くできるようになっています。
■電源ボックスは、数本のボルトを取るとドアのように簡単に開き、部品の交換が可能です。番号とカラーの配線で配線間違いが皆無です。部品交換はご自分で可能です。
■また、直接、ボックスを炉壁に組み込んでいないため、基盤、回路、パーツが長持ちします。炉壁からコントローラー部がさ独立されており、熱の影響を受けない単独構造になっています。
■米国製コンピューターの耐熱温度は50℃ですが、二重構造ではない、厚みの無いボックスに収めた場合、コンピューターが熱の影響を著しく受けやすく劣化が早くなります。

ジュピタープルアパート、ダビンチ、ベルリフト、ジャンボベルリフト

ドアのように簡単に開閉します

■コントロールパネルは簡単に開き、電流、電圧、抵抗などを簡単に測定でき、部品交換も素早くできるようになっています。
■電源ボックスは、二本のボルトを取るとドアのように簡単に開き、部品の交換が可能です。番号とカラーの配線で配線間違いが皆無です。部品交換はご自分で可能です。
■また、炉壁からコントローラー部が隔離されており、熱の影響を受けない二重構造になっています。炉壁は250℃程度まで上昇します。
■米国製コンピューターの耐熱温度は50℃ですが、二重構造ではない、厚みの無いボックスに収めた場合、コンピューターが熱の影響を著しく受けやすく劣化が早くなります。
arrow

低温のコントローラーボックス

低温のコントローラーボックス
close
詳細:

■コントローラー部は体温以下の低い温度で高寿命
■コントローラーボックスは奥行きがあり二重構造になっていて十分なスリットが設けられています。
■このことにより、コントローラーボックスとコントローラーは常温に近い温度になり、コントローラー基盤とリレー、コンデンサ等の寿命が伸びます。
■1300℃近い炉内に比して、コントローラーボックスの外部温度は30℃程度しかありません。(温度測定表示では華氏温度表示です)
arrow

パウダーコート

粉体塗装
パウダーコート
close
詳細:
イージーファイヤー、ジュピター、フェーゴ、ドール/テスト、イークアッド、スクールマスター、JH、リバティー、デュラファイヤー

粉体塗装の回路ボックス


■ボックスはパウダーコート(粉体塗装)仕様です。
■有機溶剤を使用しないため環境に優しく、高温で塗料を溶着させるため、大変強い塗膜を形成しています。
 
粉体塗装のボディ


※イージーロード、ヘラクレスに採用
■炉体外部鋼鈑は耐久性のある粉体塗装。
■有機溶剤を使用しないため環境に優しく、高温で塗料を溶着させるため、大変強い塗膜を形成しています。 
ステンレス製ビス採用
arrow

ステンレス製ビス採用

ステンレス製ビス
close
詳細:

■スクリューボルトは全てステンレススティール製です。亜鉛、カドミウム、カーボンスティールメッキではありません。
■炉壁を覆うカバーもステンレス製で、溶接をしていませんので、耐久性があります。
■キルンは、熱とガス、湿気等で錆びやすい環境にさらされます。
例えば、多くの粘土は硫黄、水を含みます。これらの物質は非常に腐食性のある硫酸に化学変化します。

以上への対応として、L&Lはステンレススティールを選択しています。 
ステンレス製強力クランプ採用
arrow

ステンレス製強力クランプ採用

ステンレス製
close
詳細:

■分割方式の窯には、強力なステンレス製のクランプを採用ししっかりと固定しています。
高強度フルサポートスタンド
arrow

高強度フルサポートスタンド

高強度・高耐久性
close
詳細:

イージーファイヤー、ジュピター、フェーゴ、ドール/テスト、イークアッド、スクールマスター、JH、リバティー、デュラファイヤー




■堅牢なアルミコーティングされた鋼鈑製のスタンドです。
■熱に対する耐久性があり、熱による錆からガードします。
■よく見かけるスタンドの外周のみにアングル綱だけを使用し、肝心の作品を載せる部分が空洞のスタンドではなく、中央部にしっかりとした鋼板を使用しています。キルンの底板にヒビが入っても、プレート全体で作品を支えるため安心です。
■又、ベントシステムをボルトオンで取付可能な構造になっています。オートン社等の床からネジで締め上げるタイプではなく、ネジで確実に固定しますので、確実、安全です。
■ベントシステム組み込み時にガスケットを使用しませんので消耗品がなく経済的です。
■板は2mmの厚板で、3回折りとなっていて大変強度があり、ねじれません。
■足はボルトでしっかり固定しますので、溶接のように熱、錆の影響で破損しにくくなっています。

ダビンチ、ベルリフト、ジャンボベルリフト



■腐食に強いアルミコーティングされた鋼鈑を写真の堅牢に溶接されたスタンドの上に載せていますので、耐久性、強度は抜群です。
■重たい作品もしっかりと受け止めます。
■よく見かけるスタンドの外周のみにアングル綱だけを使用し、肝心の作品を載せる部分が空洞のスタンドではなく、上部にしっかりとした鋼板を使用しています。キルンの底板にヒビが入っても、プレート全体で作品を支えるため安心です。
■又、ベントシステムをボルトオンで取付可能な構造になっています。オートン社等の床からネジで締め上げるタイプではなく、ネジで確実に固定しますので、確実、安全です。
■ベントシステム組み込み時にガスケットを使用しませんので消耗品がなく経済的です。
■板は2mmの厚板で、大変強度があります。
arrow

プロテクションチューブ付センサー

高耐久性
プロテクションチューブ付センサー
close
詳細:

プロテクションチューブ付センサー



■センサーを産業用キルン品質のセラミックチューブでプロテクトしていますので長寿命です。
■ガス、熱の影響を直接受けません。
■焼成によるカーボンが作品に付着しません。チューブの無いK型センサーの場合、先端の金属部分が少しずつ溶けて飛散し、作品に付着します。
■高価なS型やメタリックセンサーを使用するよりも経済的です。

過酷なセンサーテストの様子



■L&L Kilns では写真のように焼成実験により数多くのセンサーの耐久性を試験しました。
■その中にはS型、N型、金属カバーセンサー、セラミックカバー付K型センサーが含まれます。
■結果は最高で139回焼成をK型センサー(セラミックカバー付)が達成しました。最も超寿命だったのはN型で143回でしたが、価格の面からするとL&LのK型センサー(セラミックカバー付)が最も優れているとの見解に達しました。
■イージーファイヤーキルンには純正でマルチゾーンコントロールが採用されています。2~3本のセンサーで上中下の温度をコンピューターが正確にコントロールします。日本製には無い機構です。
arrow

プラチナムS型センサー採用

磁器焼成用窯 - 他の窯もオプションで選択できます。
プラチナムS型センサー採用
close
詳細:

アルミナシースタイプS型センサー

■磁器焼成等の高温下で過酷な使用に耐え、一定の温度を安定的に保ちたいならこのアルミナシース付きのS型センサーが最適です。
■アルミナの保護管に入っていますので、直接センサーが傷みません。
■あるいは温度測定時のセンサーの変動リスクを最低限に抑え、正確な温度測定をしたい場合に最適です。
■90%のプラチナと10%のラジウムからつくられています。マイナス側は100%プラチナです。
■0?1,480℃まで御使用可能です。
arrow

ヘビーデューティーエレメント

高い耐久性のエレメント
ヘビーデューティーエレメント
close
詳細:

■エレメントは特殊な機械で均一に巻かれています。これは、熱の偏りを無くし、寿命を長くする作用があります。
■エレメントは最適な厚み、コイルピッチ、直径に設計されており、他社製の窯のエレメントよりも厚みがあり、直径が大きくなっています。当然耐久性は上がります。
■エレメントが切れたら、全てを交換する必要はありません。1本のエレメントのみを交換すれば良いので経済的です。抵抗値が異ならず、全て均一な抵抗値のため可能となっています。
■高耐久性のエレメントを使用しています。
■オプションで産業用APMエレメントもご用意していますが、高価で経済的ではありません。
■頻繁に高温焼成される方にお勧めいたします。
■エレメントは、全てレンガと平行に配置されていますので、エレメントはストレス無く膨張収縮します。エルエルキルンのエレメントは固定ピンを使用しないので、更に自由に膨張収縮し長寿命です。
■米国製キルンには、細いエレメントを二段に巻いている場合が多く、部分的に曲がりがあるため抵抗があり、エレメントそのものが細く、エレメントへの負担が大きくなっています。
■エルエルのタイプKセンサーは、0℃~1,372℃の温度をカバーします。

エレメント(電熱線)の形状の違い


■エレメント(電熱線)の設計理念が根本的に異なります。
■写真の上のエレメントは、弊社も代理店をしているエルエルキルンではない他の米国メーカー製窯のものです。
■写真下のエレメントはエルエルキルンのものです。
■コイル直径がエルエルキルンのエレメントはかなり大きいことに気づくでしょう。
■これは、上のエレメントは長いエレメントを作り、二重にして炉内に配置するためこのようになります。つまり、抵抗値をコイル径で調整するため計が小さくなります。
■エルエルキルンの場合は二重にせず炉内でOリング状になるように設計され、抵抗値の調整上、コイル径が大きくなります。
■このことにより、エレメントを曲げて変形することなく、そのままエレメントホルダーの溝に入れることができ、また固定ピンを使用しないため、エレメントは自由に膨張収縮し、エレメントに対する負荷を最低限にして耐久性を高めています。
■この基本設計があるため、クアッドエレメントシステムに変更にすると、肉厚のエレメントを装着し、特に還元時には耐久性のあるエレメントを装着できるようになります。
強度の高いストレート構造プラグ
arrow

強度の高いストレート構造プラグ

極太で高強度
close
詳細:

色見穴プラグ

■色見穴のキャップは、一般的にある中が空洞ではありませんので、キルンの内部温度を下げません。よって高熱効率で経済的です。
■一般的に差し込み部がテーパーがついて斜めになっていますので落ちやすく、不安全です。L&Lのキャップはストレートで奥までしっかり挿入でき、落ちにくく安全です。
■覗き窓の奥が小さくなっている窯をみかけますが、このキャップはストレートで25mmもあるので、奥まで大変良く見えます。
炉の上部は全開
arrow

炉の上部は全開

大型は指1本で開閉可能
close
詳細:

イージーファイヤー、ジュピター、イークアッド、スクールマスター、JH、デュラファイヤー、リバティー



スプリングヒンジで軽々開閉

■スプリングの力で、指一本で簡単に重い蓋を開け閉めできます。(中、大型キルン)
 小型化された機構で省スペースです。
■上蓋式の全ての窯の蓋はフルオープンします。蓋が斜めではなく外側に大きく開くので、蓋に頭をぶつける心配が無く、又作品の出し入れも簡単にできます。
■カバーに付けたピンと蓋のバーで固定するタイプは、ピンが取れた場合、頭を打ったり、キルンにダメージを与える可能性があります。弊社のキルン(中大型)は背面に大きなカバーを設け、安全のためのロック装置も備えていますので大変安全です。

ドール/テスト、フェーゴ
チェーン固定式(中型未満の窯)



■中型未満のキルンはチェーン固定によりフルオープンします。万が一に備え、壁に蓋をチェーンで固定することも可能です。

ダビンチ

スプリング機構で軽々開閉



■スプリングの力で、指一本で簡単に重い蓋を開け閉めできます。
■小型化された機構で省スペースです。
■蓋は鉄骨で外周をサポートされており、開閉時に均等に負荷が蓋にかかり耐久性を上げています。
■ヒンジの支柱は高さを調整てせきますので、炉体リングを追加あるいは割愛して炉の高さを下げる場合でも問題有りません。
■蓋の開閉位置は調整できます。
■安全のためのロック装置も備えていますので大変安全です。

ヘラクレス、イージーロード

補強されたドアの底部


■強力なドアラッチ2本を解放すると左方向に開きます。
■ドアの下部は重たいドアをサポートするために鋼材で補強されています。

堅牢なヒンジ



■重たいドアの開け閉めで一番いたむのはヒンジです。たいへん堅牢なドアヒンジを組み込んでいますので、経年変化によるがたつきを最低限に抑える事ができます。
還元焼成システム
arrow

還元焼成システム

還元焼成システムK.R.O.S
close
詳細:

私たちは優秀なL&L Kilns( エルエルキルン) で還元をしたいという強いご要望に応えるべく、数々の設計と検証を繰り返し、還元焼成システムK.R.O.S.(Kiln Reduction Operation System) を開発し特許を取得しました。このK.R.O.S.( クロス) には他に類を見ない下記のような特色があります。( 特許取得済)

詳しくはこちらをご覧ください
arrow

安全なハンドルクリップ

安全なハンドルクリップ
close
詳細:

ハンドルクリップ

■ 40年以上も前から採用され続けているステンレス製のハンドルクリップです。カバーの摩擦に頼らない安全な機構です。
■バンドにねじ込んでいるだけのキルンもありますが、レンガに対して強い力が加わり、破損しやすく不安全な構造となっています。

ダビンチ

ハンドルクリップ


■ 40年以上も前から採用され続けているステンレス製のクリップです。カバーの摩擦に頼らない安全な機構です。
■バンドにねじ込んでいるだけのキルンもありますが、レンガに対して強い力が加わり、破損しやすく不安全な構造となっています。
arrow

コーン10 - 1,290℃

膨大なコーン焼成データをプログラムしています
コーン10 - 1,290℃
close
詳細:

■国産窯はコーン番号を記載していません。1,290℃と記されていてもコーン7とか低レベルの熱量の窯が多く存在します。
■最高温度ではなく、熱量で焼成するという理論です。最高温度だけではあてになりません。ちょうど、パンケーキを焼くようなものです。外側だけ焦げ目が付いて、中は生焼けでは意味が有りません。十分な熱量を内部まで浸透させる必要が有ります。
■最高高温度はバリーファイヤーモードで1,300℃まで設定可能です。
■最高温度1315℃用の磁器用キルンもございます。
arrow

リバーシブルな底板

反転しても使用可能
リバーシブルな底板
close
詳細:

底板とスタンド

■底板はリバーシブルになっていますので、ひっくり返してご使用できます。
■レンガが痛んでくれば、反対の面を使用でき、経済的です。
産業用レベルのON/OFFスイッチ。
arrow

産業用レベルのON/OFFスイッチ。

close
詳細:

ON/OFFスイッチ

■産業グレードのON/OFFスイッチ。
■多くの米国メーカー製の窯にはスイッチが付いていない場合が有ります。その際、ブレーカーを直接ON/OFFせねばならず、不安全です。
DYNATROL コントローラー
arrow

DYNATROL コントローラー

close
詳細:

■数個のボタンを押すだけの簡単操作!!
■世界最高峰の陶芸、ガラス工芸、産業用等に開発されたダイナトロルコントローラーです。
■世界のどのコントローラーよりも多機能、高性能です。世界で唯一のコーン番号による熱量焼成プログラムが内蔵されています。
■最高温度だけに頼らず熱量により理想的な焼成を可能とします。もちろん、お持ちの独自の焼成曲線データもプログラムでき、それらとコーン焼成とを統合してプログラムを組む事もできます。

詳しい内容についてはこちらから
棚板、ツク、キルンウォッシュ、耐熱グローブ セット
arrow

棚板、ツク、キルンウォッシュ、耐熱グローブ セット

close
詳細:

棚板等のセット

■別売の棚板、ツク、耐熱グローブ、キルンウォッシュ(棚板に塗って釉薬との固結を防いだり、簡単なレンガ補修が可能です)のセットです。
arrow

分割可能な炉体

分割可能な炉体
close
詳細:

炉体分割の様子

■ 炉体は簡単に分割でき、搬入・組立とメンテが容易にできます。
■狭い日本の家屋にはうってつけです。通常の方開きドアでも搬入できます。
arrow

Title

インターフェイス
ソフトウェア
Title
close
詳細:

K.I.S.S.のインターフェイス

■幾つもの窯を、各々詳細にコントロールできます。全てオフィスから遠隔操作が可能です。

PCから数台の窯の操作が可能



■ K.I.S.S. (Kiln Interface Software System)は、PCとの連携が可能です。
■数台の窯をオフィスの机上PCから複数の窯をコントロールできます。
arrow

マニュアル

日本語マニュアル76ページ
マニュアル
close
詳細:

■バインダー綴じのマニュアルが付属します。日本語版は76ページございます。英文版も付属しますので、かなりの分厚いマニュアルです。
(イージーファイヤーのマニュアルの場合です。機種によりページ数は増減します。また、機種によってはバインダー綴じではない場合がございます。)



■写真を多用したマニュアルです。部品交換等は写真を多用してご自分で交換できるように細かく説明されています。
■各配線の色まで明記した詳しい配線図付きですので、メンテに大変便利です。

価格・仕様

☆現在、価格と仕様を見直しています。詳しくは電話かメールでお尋ねください。

価格、仕様明細 販売価格 販売価格(税込) レンガ厚 炉内径 mm 炉内高 mm 容積 ㍑ 電流 A 電圧 V W
DLH11-DX 213,000 223,650 2″(63.5mm) 280.0 229.0 14.2 21.8 100 1 2,280
ファニチュアキット 棚板、ツク バラ売り
DLH11-DB 198,000 207,900 2.5″(63.5mm) 280.0 229.0 14.2 21.8 100 1 2,280
ファニチュアキット 棚板、ツク バラ売り

※-DXは、ダイナトロルコントローラー装備
※-DBは、ワンタッチコントローラー装備(特注)
※ファニチュアキットは現在バラ売りのみとなっています。